快捷搜索:

中日青年企业家による経済贸易交流活动、贵州

?9日、电子制品を见る中日青年企业家。(贵阳=新华社配信/贵州省商务庁提供)

【新华社贵阳4月10日】中国贵州省人民政府、中国青年企业家协会、日本青年会议所(JC)が共同で主催する中日青年企业家(贵州)経済贸易交流活动が9日午後、贵州省贵阳市の贵安新区で行われ、中国と日本の青年企业家160人余りがハイエンド设备制造産业パークを视察したほか、経済贸易协力について意见を交换した。

商务部外资司の唐文弘(とう?ぶんこう)司长は交流会の席で、贵州省は生态环境が良く、経済が迅速に発展し、成长倾向は明らかであり、中国で最も活力と潜在力を备えた地区の一つとなっていると表明した。

日本JC日中友好の会の相沢弥一郎会长は、今回の交流活动の目的は、交流をさらに深め、日中両国ひいては世界で活跃する青年経済人を育成することだと述べた。

贵州省の卢雍政(ろ?ようせい)副省长によると、近年、日本と贵州省の各分野での交流?协力は日増しに紧密になっている。现在、贵州省に设立した日系企业は40社で、ゼンショー、太平洋セメント(中国法人名は小野田)、平和観光、パナソニック、三菱など、日本の大手企业が同省と深い提携関系を确立している。日本はすでに贵州省の重要な外资の源となり、2018年の双方の输出入総额は2亿4900万ドル(1ドル=约111円)に达した。(记者/蒋成、向定杰)

您可能还会对下面的文章感兴趣: